楽園波野便り

春は花が咲き乱れ、夏は緑が色を競い、秋には赤い木の実が鳥を誘う、雪ちらつく冬は水墨画の世界が目の前に広がる。

2014.8.22 阿蘇山、火山硫黄ガスの被害

私の実家は、熊本県阿蘇市波野大字小園
その旧波野村の、特産品の一つが、ハウス栽培の 『花』
その中でも、お盆の季節のみの、限定品  『花ほうずき』

P1150816

 
今年、波野の、ほうずきは、一本の出荷も、されなかった!!
市場から、取り扱い拒否をされてしまった。
阿蘇の火山からの硫黄ガスに、出荷まで後半月と言ったところで、被害にあって
ガス枯れ?デリケートな部分が、枯れた状態になっている。

 

P1150818

 

このハウス一棟で、300万円の被害!!
従兄弟のところに、『お盆の花用に、勝手に取りに行って!!』 と、生産者から知らせがあったらしい、、、私にも、従兄弟から 「勝手にもらいに行っていいよ~~」 と、言われた。
収穫するのもネットで固定してあるので、結構手間がかかるので、正直ちょっとでも手間を省きたいのが山々らしいのだ、、、。
私も、近所の人の注文などを聞いて、100本もらうことにした。
うちには、心強い助っ人も8月1日から滞在している。
ずっと私のブログを見てくださっている方には、おなじみの、
『隣のゆうき君と隣のお姉さん』

P1150807

 

P1150815
2年前に、バンコクから、大阪に帰国している。

現在、大阪在住、ゆうき君は小学校1年生、、、日本の田舎初体験。
もちろん 『隣のお姉さん』 も、滞在型初体験。
結構楽しそう!!
ついでに、隣のハウスの、トルコききょうの収穫が終わった残り花もいただいてきた。

P1150823

 

P1150825
田舎の外出は、タオルと長靴、、必修です!!

 

ほしいと言うお宅には、帰り道々、配達してきた。

8月7日は地域をあげて、いっせいに、各お墓の掃除が行われる、その時のお供え花になるのだ。

P1150833

 

P1150835

 

****1日、2日、の、阿蘇山の火山硫黄ガスの被害は、広範囲の作物に被害をもたらしたが、その一番の被害が、

この 『花ほうずき』 だといえる。*****

 

 

カテゴリ:波野ブランド
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*が付いている欄は必須項目です。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

カテゴリ

最近のコメント

畑中夫婦 : 毎日元気に取り組んでいます!!
 久しぶりに樫木さんのお元気な笑顔が見られて嬉しいです(*^^... (11/10)
SUMIKO : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 畑中ご夫婦 こんばんゎ! お久しぶりです。 阿蘇山元気よ... (10/10)
畑中夫婦 : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 とても心配していました!(>_<) ご無事で少... (10/10)
美保 : 余震は、まだまだ大きいが、、『春爛漫』
 綺麗! 春ですね!!茶室が似合うお庭に見えます! プライ... (4/25)
美保 : 熊本地震、、自分は大丈夫という神話、、、
 ブログが上がる度、ブログを上げられるくらいの余裕があると思い... (4/25)

アーカイブ

タグ