楽園波野便り

春は花が咲き乱れ、夏は緑が色を競い、秋には赤い木の実が鳥を誘う、雪ちらつく冬は水墨画の世界が目の前に広がる。

2017.6.4 ぶどうの栽培 「2年生」

ぶどうの手入れ


今年2回目のぶどうの手入れ、、1回目は、3月の末に去年の枝の剪定作業。

今年はいつまでも低温が続き芽吹きが遅かったので、ぶどうの木を枯らしてしまったのではと気をもんだが、、、さわわに花房をつけた。


去年は、先生がわざわざ、指導に来てくれたにもかかわらず、せっかくつけた花を摘果をするのがもったいなくて、一花も落とせなかった、、。
その結果は、味に問題はなかったものの、巨峰とは言い難いものだった。

 

農大のクラスメートの一人が
「ぶどうは、一房にこの位の実をつけようと、自分で花を落としてしまうのです。なすがままにしておくと、間延びした房でになって、絵に描いたぶどうの房のように、美形にならないのです。」
と、素人の私が納得できるように、説明してくれた。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、下の花房は、明らかに不要

 

 

で、、、今年も先生は来てくれて、、、丁寧に指導してくれた。

先生のハウスも見学に行ってきたが、すでに、、私のぶどうと、同じ巨峰とは思えない立派な肥料のよく効いた「巨峰」であった。

 

*先生は、このぐらいの枝は小さいので、房は全部落とせ!!という、、
そこがやっぱり落とせない、、一房落として、一房残してしまうのが、やっぱり素人だと解っているのだが、、、。

 

1日に一度、、「主の足跡」を、残しに、ぶどうに挨拶している。

 

 

カテゴリ:マイガーデン
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*が付いている欄は必須項目です。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

カテゴリ

最近のコメント

畑中夫婦 : 毎日元気に取り組んでいます!!
 久しぶりに樫木さんのお元気な笑顔が見られて嬉しいです(*^^... (11/10)
SUMIKO : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 畑中ご夫婦 こんばんゎ! お久しぶりです。 阿蘇山元気よ... (10/10)
畑中夫婦 : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 とても心配していました!(>_<) ご無事で少... (10/10)
美保 : 余震は、まだまだ大きいが、、『春爛漫』
 綺麗! 春ですね!!茶室が似合うお庭に見えます! プライ... (4/25)
美保 : 熊本地震、、自分は大丈夫という神話、、、
 ブログが上がる度、ブログを上げられるくらいの余裕があると思い... (4/25)

アーカイブ

タグ