楽園波野便り

春は花が咲き乱れ、夏は緑が色を競い、秋には赤い木の実が鳥を誘う、雪ちらつく冬は水墨画の世界が目の前に広がる。

2015.11.25 『唐辛子の葉の佃煮』

11月も末なのに、、、
種から植えた、、タイから持ち帰った、レットペッパー

成長するのが、阿蘇とタイでは、温度差が大きすぎて、遅くなってしまった。
その上日本は、異例の暖冬、、まだ青々としていて花さえ咲いている。

P1230261

 

P1230263

が、もう一週間ほどの命だろう、、と思い、、『加工』 と、決めた。
子供のころの味の記憶を頼りに、挑戦!!

 

『唐辛子の葉の佃煮』

:唐辛子の残り葉を、茶摘のように全部摘み取る。

P1230266P1230264

 

 

 

 

 

 
:大きな青唐辛子は、別に取る。

P1230268P1230267

 

 

 

 

 

 
:鍋に、みりんと薄口醤油で、出汁を作って煮立たところに、『唐辛子の葉』  を、入れる。
(唐辛子の葉は、軸を出来るだけ丁寧に取りきれいに洗う)

P1230293P1230294

 

 

 

 

 

 
:大きい青唐辛子は、半分に切って、投入。

P1230296P1230298

 

 

 

 

 

 
:1時間ぐらい(水分がほぼなくなるくらい)ふたをしないで弱火で炊き上げる。

:蓋をしないで、自然に冷ましたら、出来上がり。

P1230301

 

ご飯にも、お酒のあてにも、妙に合うかも!

 

この唐辛子は、あまり辛くないタイプだったのだと思える。

青唐辛子を、後で入れるのは、辛さを調節する為。

こんなものを作る人は、今時誰もいないだろうが、ご馳走したい一品!!

 

 

 

カテゴリ:未分類
タグ:

「『唐辛子の葉の佃煮』」へのコメント

  • みほ より:

    これまた美味しそうですね。
    立派に成長するものだと感心します。。
    ようこそ日本へって思って慈しめますね?笑
    ぐっと冷え込んできたので、お鍋の箸休めに良さげですね!

    • sumikokashiki より:

      みほさん、こんばんわ!!
      田舎だから、何でも作ろうと思えば何でもあるのですよ!!
      私は、回顧録のように、思い出の味をたどりながら、作っています。   が、、
      私ひとりしか食べないのです。
      同居の兄は、買ってきたものしか食べない、食の貧しい人です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*が付いている欄は必須項目です。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

カテゴリ

最近のコメント

畑中夫婦 : 毎日元気に取り組んでいます!!
 久しぶりに樫木さんのお元気な笑顔が見られて嬉しいです(*^^... (11/10)
SUMIKO : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 畑中ご夫婦 こんばんゎ! お久しぶりです。 阿蘇山元気よ... (10/10)
畑中夫婦 : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 とても心配していました!(>_<) ご無事で少... (10/10)
美保 : 余震は、まだまだ大きいが、、『春爛漫』
 綺麗! 春ですね!!茶室が似合うお庭に見えます! プライ... (4/25)
美保 : 熊本地震、、自分は大丈夫という神話、、、
 ブログが上がる度、ブログを上げられるくらいの余裕があると思い... (4/25)

アーカイブ

タグ