楽園波野便り

春は花が咲き乱れ、夏は緑が色を競い、秋には赤い木の実が鳥を誘う、雪ちらつく冬は水墨画の世界が目の前に広がる。

2015.11.18 『トマトソース』

トマトソース

P1230160

 

我が家の冷凍庫は、すでにまんぱんなのである、、が、、
とてもフレッシュのまま食べてしまうことは出来ない。

もちろん頂き物、、、Aトマト農家さん、、Bトマト農家さん、、
そのうち半分は、さらに私からどこかにもらってもらうのだが~~~

 

意を決して、「加工」

 

『トマトソース』
*トマト、、、4kg
*オレガノ、ローリエ、ローズマリー、鷹のつめ、にんにく、ワイン、、等々
*合挽きミンチ 200g
*玉ねぎ、、3個
*塩

P1230156P1230157

 

 

 

 

 

 

P1230158P1230164

 

 

 

 

 

 

P1230168P1230170

 

 

 

 

 

 

 

オレガノパウダー(家庭菜園自家製)、、ローリエ(月桂樹)庭の木、、ローズマリー(庭にある)、、鷹のつめ(家庭菜園自家栽培)、、ワイン(自家製)、、にんにく(醤油漬け)、、玉ねぎ(家庭菜園自家栽培) と、これ以上安全を保障できる食材はほかには無い!!

 

*****
①大きな鍋に、サラダオイルで、にんにくと鷹のつめを炒める
②ミンチを投入
③玉ねぎ投入
④各種ハーブ投入
⑤トマト4つ切りぐらいにして、投入!!
⑥塩で、味をチョッと薄めに整える。
⑦完全に火が通ったら、弱火にして、1時間。

P1230163

 
⑧一晩ふたをしないで、寝かせて、、保存。

P1230175P1230180

 

 

 

 

 

 

 

『試食』
にんにく、ピーマン(自家)、シイタケ(自家}、を、炒めて、スパゲティーとトマトソース、、、、『ナポリタン』(日本にしかないネーミングらしい)

P1230183

 

食べている最中に撮影を思い出したので、美しくないが、、かなり美味しい!!

 
水は絶対に入れない、、、トマトの水分で、鍋一杯になる。

塩はあくまでも控えめに、、、、後の調理で、好みの味に仕上げる。

::トマトは『湯むき』は、しなくても加熱すれば、勝手にむけて丸まってしまうので、箸で拾い上げればよい。
::トマトは、勝手に解けてどろどろになるので、小さく切らない方が皮を拾い上げやすい。

 

 

カテゴリ:料理レシピ
タグ:

「『トマトソース』」へのコメント

  • みほ より:

    うーん。美味しそう!
    ラタトゥイユも水入れませんもんね!!
    すみ子さんの手料理ご馳走になりたいです〜^^¥

    • sumikokashiki より:

      みほさん、こんばんわ!!
      ラタトゥイユ??どんなお料理??
      ぜひ、いらしてください、私の料理を官能していただくには、
      ロングスティが、お勧めです。
      5月の連休とか、ベストシーズンですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*が付いている欄は必須項目です。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

カテゴリ

最近のコメント

畑中夫婦 : 毎日元気に取り組んでいます!!
 久しぶりに樫木さんのお元気な笑顔が見られて嬉しいです(*^^... (11/10)
SUMIKO : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 畑中ご夫婦 こんばんゎ! お久しぶりです。 阿蘇山元気よ... (10/10)
畑中夫婦 : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 とても心配していました!(>_<) ご無事で少... (10/10)
美保 : 余震は、まだまだ大きいが、、『春爛漫』
 綺麗! 春ですね!!茶室が似合うお庭に見えます! プライ... (4/25)
美保 : 熊本地震、、自分は大丈夫という神話、、、
 ブログが上がる度、ブログを上げられるくらいの余裕があると思い... (4/25)

アーカイブ

タグ