楽園波野便り

春は花が咲き乱れ、夏は緑が色を競い、秋には赤い木の実が鳥を誘う、雪ちらつく冬は水墨画の世界が目の前に広がる。

2017.1.14 耕作放棄地、、『平成の開拓者』

耕作放棄地


文字道理 『放棄地』、、、いつもむかむかしてこのイチョウの木々を片付けている、、、。
約30年ぐらい前にはやったイチョウの葉から取れる、『血圧?系』 の、健康食品 を、生産していた、、

同業者との内紛や、流行が他のものに取って代わられたこともあり、、、成長を止めるだけの策を講じたまま、放置したのは、、現在94歳の父!!。


成長を、とめることもしなかったイチョウも大量にあった。
私がバンコクから帰国した年に、一番上の兄に言って、大方倒してもらったが、ただただ倒してくれただけ、たま切ることも無く、枝をおとする事も無く、、、家族の待つ和歌山に帰っていった。
縦横に倒れまくった大木は、その地に足を踏み入れることさえ拒む、、。


父がイチョウの生産をやめた時に、伐採脱根して置くべき事だったのだ!!


その上、今ここで、一生懸命格闘している兄妹は、誰も農業後継者ではない。
こんな『耕作放棄地』を、元の畑に戻す時は、申請すれば、補助金も出してもらえるらしいのだが、、誰もその資格を持っていないので自前でするしかない。


自分たちも若いわけではない、、、

次の世代に受け継がれるときのために、『負』 の遺産 は、迷惑なだけ!!
この土地は、県道に面した「約2500㎡」場所が場所だけに、あまり行儀のよくない片付け方は出来ない、、、
上物を自分たちで片付けたら、知り合いが、建設機械で脱根して、整地してくれる、、

もちろん有償!!

 

こんな畑が、後3枚もある、、

毎日、こたつで暇をもてあまして、ため息と居眠りばかりしている94歳の父を、恨めしく思うのは、私の心の狭さなのだろうか、、、。

 

 

カテゴリ:農業
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*が付いている欄は必須項目です。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

カテゴリ

最近のコメント

畑中夫婦 : 毎日元気に取り組んでいます!!
 久しぶりに樫木さんのお元気な笑顔が見られて嬉しいです(*^^... (11/10)
SUMIKO : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 畑中ご夫婦 こんばんゎ! お久しぶりです。 阿蘇山元気よ... (10/10)
畑中夫婦 : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 とても心配していました!(>_<) ご無事で少... (10/10)
美保 : 余震は、まだまだ大きいが、、『春爛漫』
 綺麗! 春ですね!!茶室が似合うお庭に見えます! プライ... (4/25)
美保 : 熊本地震、、自分は大丈夫という神話、、、
 ブログが上がる度、ブログを上げられるくらいの余裕があると思い... (4/25)

アーカイブ

タグ