楽園波野便り

春は花が咲き乱れ、夏は緑が色を競い、秋には赤い木の実が鳥を誘う、雪ちらつく冬は水墨画の世界が目の前に広がる。

2016.8.2 民族文化遺産 『村社会』

7月27日{晴れ}

P1250521
PM、、特別セミナー

熊本地震の最大の被害地域、、阿蘇大橋を丸ごと飲み込んだあの地域で、農業法人を営んでいる、、

『大先生』 の壮大ななる農業を学ばせてもらった。

東京出身で、世界をまたに駆けてきた大先生は、熊本を選んだ、???
山口にも 『花の海』?資本金20億、、50%は国が助成??
多分、、分かりやすくは 『ナーセリー』 だと、思う、、、壮大すぎる実業家。

その話の中で、、登場したのが 『村社会』

P1250505
その『村社会』 が、あってこそ、円滑に行くのが地域運営なのである、、と、思っている。
歴史とともに、現在に至っている、、『村社会』

 

7月30日、、阿蘇市波野大字小園地区

P1250529

 

P1250528

P1250532P1250531

 

 

 

 

 

 

『私たち写して下さい~~」

はつらつとした若者は中国人、、身分は

農業実習研修生、、

インドネシア、フィリッピン、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、、国籍は多彩、、、、小園の農業家の方々のその規模が伺える。

P1250534P1250535

 

 

 

 

 

 

P1250537P1250538

 

 

 

 

 

 

 

1年に2回の道路整備、(市道、林道)、、

基本この作業には管理自治体から、日当が支給される、、が、、

小園地域では、『村』の収入となり、『村』の行事に使われる。

P1250543

P1250544
朝7:00~PM4:30、、昼休みや休憩はあるが、重労働!!

P1250550P1250552

 

 

 

 

 

 

三班に分かれて、もくもくと働く、、、完了したら、集会場で懇親会。
つまみも、飲み物も、ふんだんに用意されている。

P1250540

 

 

東京出身の 『実業家先生』 は、、
「村社会のうえに、まだ神楽が残っているようなとこは、そりゃ~~大変です!!」

私の 『村』 は、その 『神楽』 が、旧暦の8月13日と決まっている。

純粋な 「神事」 なので、都合よく日にちを動かしたりはしない。

悠久の歴史を刻んでいるこんな過疎の山奥、、、

個人のものさしでは計り知れない価値観があると、私は思いたい。

 

カテゴリ:未分類
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*が付いている欄は必須項目です。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

カテゴリ

最近のコメント

畑中夫婦 : 毎日元気に取り組んでいます!!
 久しぶりに樫木さんのお元気な笑顔が見られて嬉しいです(*^^... (11/10)
SUMIKO : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 畑中ご夫婦 こんばんゎ! お久しぶりです。 阿蘇山元気よ... (10/10)
畑中夫婦 : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 とても心配していました!(>_<) ご無事で少... (10/10)
美保 : 余震は、まだまだ大きいが、、『春爛漫』
 綺麗! 春ですね!!茶室が似合うお庭に見えます! プライ... (4/25)
美保 : 熊本地震、、自分は大丈夫という神話、、、
 ブログが上がる度、ブログを上げられるくらいの余裕があると思い... (4/25)

アーカイブ

タグ