楽園波野便り

春は花が咲き乱れ、夏は緑が色を競い、秋には赤い木の実が鳥を誘う、雪ちらつく冬は水墨画の世界が目の前に広がる。

2017.3.12 『人任せ』、、『人任せ』!!

ハウス建て

何もかも『人任せ』、、、

 

私のハウス栽培の先生!!、、夫婦で6m×50mのトマトハウスを、13棟も、やっている。


熊本市内で15年ぐらいまで、メロン栽培をしていたらしいが、波野の気候にほれ込んで、下界の農業に見切りをつけ阿蘇の山奥に上がってきたそうである。


私が、3年前、バンコクから帰国して来た年に、偶然知り合った。

先生のトマトハウスを見学させてもらって、今までの農業のあり方を、考えさせられた、、。
農業大学で得た知識にも、まったく当てはまらない、、独自の農学がある、、、
私は、『農業の師』と決めた。
『農業の師』は、
「波野だったら何でも出来る」と、言い切った。
「ハウスがあったほうがいい、、協力するよ~~」
と、ご自分の所も忙しいのに、にわか農業の私のために、ストックしてあったハウス資材を提供した上に、、、整地~~ハウス建てまで、、、。

鋤き返しは、3回、、。


ハウスのスケルを作っている。


スケルをまくばせ。


素人の私が、うろちょろすれば、ただただ邪魔になるだけ、、、。

 
私はというと、、、

2つ目のハウスの場所には、まだ土の中に『ズイキ』の種芋が去年のままシートの下に、、、。

 

トラクターで鋤き返せるように、全部掘り起こして、、、あとは、、、
また、、『農業の師』と仰いだにもかかわらず、、『人任せ』

 

『農業の師』は、5時間で、6m×23m、の、アーチまでを立てた。

 

 

 

カテゴリ:農業
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*が付いている欄は必須項目です。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

カテゴリ

最近のコメント

畑中夫婦 : 毎日元気に取り組んでいます!!
 久しぶりに樫木さんのお元気な笑顔が見られて嬉しいです(*^^... (11/10)
SUMIKO : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 畑中ご夫婦 こんばんゎ! お久しぶりです。 阿蘇山元気よ... (10/10)
畑中夫婦 : 阿蘇山はやっぱり生きている!
 とても心配していました!(>_<) ご無事で少... (10/10)
美保 : 余震は、まだまだ大きいが、、『春爛漫』
 綺麗! 春ですね!!茶室が似合うお庭に見えます! プライ... (4/25)
美保 : 熊本地震、、自分は大丈夫という神話、、、
 ブログが上がる度、ブログを上げられるくらいの余裕があると思い... (4/25)

アーカイブ

タグ